Yokohama Odyssey

  • 2013
  • Mitsubishi Estate

1896年につくられた造船所の跡地にて、2013年7月〜10月中旬までの3ヶ月、毎日行われたプロジェクションマッピング。高さ約10m、横幅30mの船型の石壁に、1800年代から2300年の横浜へのタイムトリップを、スピーディーなストーリー展開、迫力の画面構成で描いた9分間の映像コンテンツ。ディレクターは東弘明。JKDでは、全体のミュージックディレクション、サウンドデザインを担当。参加アーティストは、高木正勝、HIFANA、Inner Science、DJ Uppercut. 全体を5章に分け、各章をそれぞれのアーティストが担当。三味線などの伝統楽器、アンビエントサウンド、ストリングス等、各チャプターの音の質感に変化をつけながら、全体としてはつながった1曲のオペラのようなダイナミックな展開で、音楽絵巻ともいうべく内容に仕上がり、関連クリエイター、オーディエンスから素晴らしい反響を得た。 サウンドエフェクトには、邦画界で注目を集めるクリエイター伊藤瑞樹が参加。

  • Video Director
    Hiroaki Higashi
  • Music Director / Producer
    Bruce Ikeda
  • Music Artists
    Takagi Masakatsu
    HIFANA
    Inner Science
    DJ Uppercut
  • Sound Effect
    Muzuki Ito
  • Agency
    Drill
  • Production Company
    P.I.C.S.

single-work