Shane Lester

シェーン・レスターは、東京を拠点に活躍するアートディレクター/デザイナー/映像ディレクター/デジタルアーティスト。極めてハイセンスで、突出したスキルによるグラフィックデザイン、UI、モーショングラフィック、TVCMのディレクション等、多岐に渡るクリエイティブワークを、Red Bull Music Academy, Apple, JINS等、様々なクライアントのために提供している。

LAの名門アートセンター・カレッジオブデザインにて、グラフィックデザインBFA(学士)を取得。現代日本の音楽、アート、デザインへの深い関心をもとに、2003年に拠点を東京に移し、W+K Tokyo Lab 関連プロジェクトのデザイン、ミュージックビデオ制作に関わるために、W+K Tokyoに参加した。彼が手がけた作品は、onedotzero, Resfest, Pictoplasma等、国際的なアートフェスティバルで広く紹介されると同時に、D&AD、カンヌ国際広告祭シルバーライオン、文化庁メディア芸術祭等、国内外の賞を受賞。2006年には、W+K Tokyo LabのメンバーとしてApple Proに認定される栄誉にも輝いた。Labのヴィジュアルチームの中心メンバーとして、レーベルの立ち上げ以来、デザイン、編集、ウェブ制作、アニメーション、MVのディレクション等、マルチな才能を発揮。その後、W+K Tokyo のアートディレクターとして、広告分野にも活動の幅を広げ、Google、PlayStation、Honda、Sony VAIO、Nike、Hulu等、様々なグローバルブランドのクリエイティブワークを手がけた後に、2013年に独立。クリエイターとして新たなキャリアをスタートさせた。